「理容脱毛」の感染症衛生管理のこだわり

詳しくはアイコンをクリック

理容師法

理容師法下/換気・消毒施設の保健所検査を経た開業許可環境にて安心・安全な施術環境

マスク

飛沫感染対策として欧米規格の医療用サージカルマスクを装着しての施術環境

手袋

御客様のための接触/液感染衛生対策として手袋施術システムを遵守しての施術環境

複合洗浄消毒

理容師法定消毒遵守し感染症・肝炎対策/複合洗浄消毒システム下の施術環境


「ヒゲデザイン」と「ヒゲ脱毛」

「ヒゲデザイン」と「ヒゲ脱毛」

理容店では「ヒゲを剃る」という男性シェービングをおこなっております。このシェービングにおきましては「ドライ(シェーバー)」「ウェット(カミソリ)」問わず男性にとっては家庭でも日々おこなうことでもあります。
 
「理容脱毛」におきまして「ヒゲデザイン施術」は「カット(トリミング」「シェービング」とし、余分な箇所のヒゲをメンテナンス「脱毛」するという認識とします。
 
その上で「カット(トリミング)」「シェービング」という国家資格技術を軸とした理容師の経験を活かし、「施術」「デザイン」に伴う「知識」を修了した理容店を「ヒゲデザイン・サロン」とさせていただきます。

理容脱毛は「永久脱毛施術」はいたしません。

レーザーなどによる「永久脱毛施術」は国家資格による医療行為にあたりますので、「理容店」ではおこないません。ですが、医療機関と同じく「法律に基づいた感染症衛生管理環境」が「理容店」にはあります。しかも、医療機関では「ガイドライン」によるものであるのに対し、理容店では管轄保健所による環境検査後の開業をしている「法定消毒環境下」であります。その中でも「高水準」な感染症衛生管理をおこなっている理容店が「理容脱毛」にはあります。
 
また「永久脱毛」は「永久に生えてこない」ということをご存知でしょうか?今の年齢では「邪魔」かもしれませんが、本当にそれで良いのですか?また「襟足」「ひげ」など「T.P.O(社会的環境)や衣装などによるデザイン性」があり必要性は「年齢とともに変化する」にもかかわらず「永久にいらない」と言い切れますか?
 
「現時点の自分にとって邪魔な毛」はありますが、「身体にとって無駄な毛」はありません。将来の自分の体のこと、その時の社会的環境を考えておりますか?
 
 角質や毛穴の中の汚れも含めて除去する「WAX作用」、毛根に対して少しずつ影響を与え自然な脱毛を促す「光作用」などエステテックサロンや家庭用でも行われている「脱毛術」と、国家資格施術である「シェービング」で産毛やヒゲを扱ってきた「理容師」「理容店」での「理容脱毛」の強みは「永久ではない」ことだと考えます。

男性「ヒゲ脱毛」につきまして

幼児の「産毛」から成人の「ヒゲ」まで「シェービング」という技術を通じてきた理容師だからこその「ヒゲデザイン脱毛」があります。また、単に「格好の良いヒゲデザイン」ではなく「国家資格・理容師」として「10年後、20年後を見据えたヒゲや肌のメンテナンス」を踏まえた「ヒゲ脱毛」をお客様に提案します。また脱毛後の細かなデザインメンテナンスは理容師ならではの「シェービング」「カット」でスキンケアと共に施術させていただきます。
 
「ヒゲデザイン脱毛」に対応している理容脱毛ヒゲデザイン登録店にお気軽にご相談ください。

「ヒゲデザインはメイクと同じ」と我々は考えます。

ただ「生えているから伸ばす」のでは「無精ヒゲ」であり、第三者への印象リスクが大きくなります。ヒゲデザインは「メイク」と同じだと我々は考え「ヒゲデザイン理論」に基づき、その人にあったデザインを提供いたします。
 
「顔の骨格」は無論のこと、「職業」「印象」をデザインによりプラスに引き出します。また、ご家庭でおこなう「セルフ・ヒゲデザイン」は鏡をみながらの作業になり「正面のみの表情・印象」になってしまいますが、我々は正面の印象に加えて「横顔をデザイン」させていただきます。日常生活のなかでの視線〜他人からの印象は、ほとんどが「横顔」だからです。さらに、横顔をデザインすることにより「顔の奥行き」をつくり「立体的な顔立ち」を提供いたします。
 
「ヒゲデザイン」におきましては「剃刀」は無論のこと「鋏」「櫛」「トリマー」など様々な器具を使用して、お客様の顔に触れることになります。だからこそ「複合洗浄消毒システム」および「感染症衛生管理への知識」が重要です。「理容脱毛」における「ヒゲデザイン・サロン」は一般社団法人日本衛生管理協会の「顔剃技術衛生管理者」「ヒゲデザイン理論・施術講習」の修了店になります。

「ヒゲデザイン」のメンテナンスは生活の一部。

ただ理容店でヒゲデザインをおこないましても、ヒゲは日々伸びていきます。毎日の手入れが理想的ですが、怠ると「無精ヒゲ」になってしまいます。
 
そこで「理容脱毛」の「ヒゲデザイン・サロン」では「家庭でのお手入れ方法」を記入した「ヒゲデザイン・カルテ」をお渡しいたします。
 
トリマーの入れ方やハサミでのメンテナンス、剃刀での剃り方など現状維持から、将来的な「ヒゲの育て方」までアドバイスさせていただきます。実際に家庭で使用しているトリマーなどございましたら、その使い方やオススメの道具なども提供させていただきます。

「ヒゲデザイン脱毛」における「デザインカルテ作成」
「ヒゲデザイン脱毛」における「デザインカルテ作成」

ヒゲデザインとしてヒゲを「剃らずに残す」ことにより、日々のシェービング(ヒゲ剃り)の「時間的負担」「肌荒れ」リスクを減らすこともできますが、その先にある選択肢として男性も「ヒゲ脱毛」をおこなうニーズが高まってきております。
 
ただし「ヒゲ」は男性にとっては「一生向き合うもの」であり「必要性は変化するもの」であります。だからこそ「今」だけでなく「将来」を見据えた「ヒゲデザイン」「ヒゲ脱毛」が必要だと理容脱毛は考えます。
 
若いころには「鬱陶しい」と思たヒゲも、年齢を重ねた時の節目として重要なアイテムになる時が訪れた時のことも考えておきたいものです。
 
そのために「ただヒゲを脱毛する」のではなく「ヒゲデザイン」の視点から「脱毛部位」を見極めていくのは、日々「様々な年齢のヒゲ」と向かい合ってきた理容師ならでの視点が重要になります。

駅前などにある大手エステティックサロンなどでの「ヒゲ脱毛」をされる方で、「将来を見据えた脱毛部位」に悩んでいるケースが多々あります。そのような方に施術をするエステティックサロンへの提出する「デザイン脱毛カルテ」を作成することもできます。
 
もちろん「脱毛施術」に対応している「ヒゲデザイン・サロン」でしたら全て対応できますが、「カット(トリミング)」「シェービング」対応のサロンでも理容師視点での将来を見据えた「デザイン脱毛カルテ」を提供いたします。
 
担当理容師と相談をしていただき、脱毛する部位を「カット(トリミング)」「シェービング」すると共にカルテに、脱毛担当者への指示を記入いたします。
 
「光脱毛」の場合は「毛の断面」が大きいほど作用いたしますので、脱毛部位を施術することにより「作用面」を均一にいたします、また、万人の肌を経験している理容師の視点で「シェービング後の肌荒れ」などを確認し、脱毛前に皮膚科などの受診を促すこともいたします。
 
「綺麗に抜くこと」は誰でもできますが、「残すこと」は「ヒゲデザインの極み」であります。安心して感染症衛生管理とヒゲデザインを修了した「ヒゲデザイン・サロン」にお任せください。


登録店

感染症衛生管理・ヒゲデザイン理論修了「ヒゲデザイン・サロン」

登録店

感染症衛生管理・ヒゲデザイン理論修了「ヒゲデザイン・サロン」
一般社団法人日本衛生管理協会「ヒゲデザイン実践講習」修了者グループにて登録受付予定

理容衛生管理者資格修了

複合洗浄消毒システムの理論/実技

顔剃衛生管理資格者修了

皮膚/剃刀管理/手袋施術システム

ヒゲデザイン理論修了

デザイン効果/施術技術修了

理容脱毛:情報記載

施術対応の有無

脱毛カルテ対応:情報記載

ヒゲデザイン脱毛カルテ対応有無

通常施術対応:情報記載

理容メニュー対応有無

店舗情報:情報記載

店舗サイト情報

交通情報:情報記載

最寄り駅や交通手段・駐車場などの情報

理容衛生管理者資格修了

複合洗浄消毒システムの理論/実技

顔剃衛生管理資格者修了

皮膚/剃刀管理/手袋施術システム

ヒゲデザイン理論修了

デザイン効果/施術技術修了

理容脱毛:情報記載

施術対応の有無 

脱毛カルテ対応:情報記載

ヒゲデザイン脱毛カルテ対応有無

通常施術対応:情報記載

理容メニュー対応有無

店舗情報:情報記載

店舗サイト情報

交通情報:情報記載

最寄り駅や交通手段・駐車場などの情報


未来のための理容室・美容室

感染症衛生管理された安心・安全の理容室・美容室検索サイト
未来のための理容室・美容室
感染症衛生管理された安心・安全の理容室・美容室検索サイト

「理容脱毛.com」「riyou-datumou.com」「barber-epilation.com」Copyright Minoru.Fujii-Kawagoe. All Rights Rserved.